参加者へのご案内

1. 参加受付のご案内

1)参加受付(4F 花ホワイエ)

11月18日(土)
8:00〜18:00
11月19日(日)
7:30〜14:00

本誌綴込みの参加登録カードまたは総合受付に備え付けの参加受付票に所属支部・氏名・所属をご記入の上、下記の参加費とともに参加受付に提出し、参加証(兼領収書)をお受け取りください。総合受付(参加受付)と皮膚科専門医後実績受付の時間は異なりますのでご留意ください。

2)参加費

一般
:15,000円
同伴者
:3,000円(参加者の配偶者)
名誉会員
:名誉会員受付にお越しください。
功労会員
:功労会員受付にお越しください。
  • ネームカードは氏名・所属をご記入の上、学会場および懇親会場では必ず着用してください。
    着用されていない場合、会場内への入場をお断りする場合がございます。

3)事前参加登録された方

事前参加登録および参加費払込を期日までに終了された方に、11月上旬頃に参加証をお送りいたします。会期1週間前に入ってもお手元に届いていない場合は、運営事務局までご連絡ください。

運営事務局

公益社団法人日本皮膚科学会内総会・学術大会チーム
TEL:03-3811-5079/E-mail:tokyo81@dermatol.or.jp

当日は、受付の必要はございませんので、記名台設置のホルダーをご利用いただき、入場ください。

4)プログラム・抄録集

  • 会員の方には事前にお送りしておりますので、必ずご持参ください。
  • 非会員の方は、会場で購入してください(1部2,000円)。

5)皮膚科専門医後実績

皮膚科専門医の方は総合受付内 専門医受付で、会員証を提示の上、受付していただきますので、会員証を忘れずにご持参ください。
専門医後実績の受付時間は下記の通りとなります。必ず時間内に手続きをお済ませください。

後実績受付時間:
11月18日(土)8:00〜17:10
11月19日(日)7:30〜12:00
  • 上記時間内に受付した方に、後実績12単位が与えられます。

2. E-learning 聴講について(日本皮膚科学会会員限定のサービスです)

本大会では、特別講演、教育講演、シンポジウムの各講演の録画映像を会期後、日本皮膚科学会ホームページの会員ページより配信いたします。(掲載に許可をいただいた講演のみ)会員ページのログインの上、本大会の参加証に記載のID・パスワードを用いてご利用ください。本大会に参加してない会員も、有料で閲覧が可能です。閲覧をご希望の方は、日本皮膚科学会内第81回日本皮膚科学会東京支部学術大会運営事務局(tokyo81@dermatol.or.jp)までお問い合わせください。公開期間および詳細は、E-learningのご案内をご確認ください。

3. 記念写真撮影

11月18日(土)(学会第1日目)18:15より、第1会場(5Fエミネンスホール)にて、イブニングセミナー1に引き続き行います。

4. 懇親会

11月18日(土)18:40より、京王プラザホテル(5Fコンコードボールルーム)で行います。
参加登録をいただいた方は無料ですので、お誘い合わせの上ご参加ください。
ご参加の際は、必ずネームカードをご着用ください。

5. 質疑をされる皆様へ

発言は座長の指示に従い、マイクを用いて、所属・氏名を述べてからお願いいたします。

6. その他ご案内

◆写真撮影

講演会場内での写真撮影・動画の撮影または録音等は、著作権保護および個人情報保護の観点から全面的に禁止をさせていただきます。ただし、事前に学会本部へ申請されて許可を得た方に限っては、撮影・録音・録画等を認めます。

◆企業展示

展示場所:京王プラザホテル4F花B・C・D
展示時間:11月18日(土)9:00〜18:00/11月19日(日)9:00〜14:00

◆ドリンク・スイーツコーナー

場所:京王プラザホテル4F花B・C・D(企業展示会場内)、42F相模
数量に限りがございますので、予めご了承ください。

◆書籍展示

場所:京王プラザホテル5Fホワイエ

◆クローク

3・4・5F既設クロークにてご利用いただけます。
各日ともにお引取り忘れのないようお願いいたします。

◆緊急連絡

学会本部或いは総合受付までお申し出ください。
お電話でのご連絡の場合、学会本部に直通電話はございません。京王プラザホテル(TEL:03-3344-0111)にお電話いただき、「第81回日本皮膚科学会東京支部学術大会学会本部」とご依頼ください。

◆呼び出し

原則として会場内での呼び出しは行いません。4F花ホワイエ 総合受付付近に設置のメッセージボードをご利用ください。緊急の場合のみ場内のスライド投影を行います。

◆携帯電話

会場内での携帯電話の使用はご遠慮ください。会場内では電源をお切りになるか、マナーモードに設定してください。

7. 託児室のご案内

会期中、会場内に設置いたします。
お申し込み方法など詳細は、託児室をご参照ください。

座長・発表者へのお知らせとお願い

1. 座長の方へ

  • 座長の受付は行いません。ご担当セッションの開始10分前までに、次座長席(各会場内右側前方)にご着席ください。
  • 座長席上に計時装置が設置してあります。発表終了1分前に黄色、終了時に赤色の警告ランプが点灯します。進行は時間厳守でお願いいたします。
  • 一般演題セッションにはアナウンスのご準備はありません。時間になりましたら開始してください。

2. 口演発表の皆様へ

1)口演時間

一般演題:発表5分、質疑論3分
上記以外の演題:事前にお知らせした通りです。

  • 演台上に計時装置が設置してあります。発表終了1分前に黄色、終了時に赤色の警告ランプが点灯します。時間厳守にご協力ください。
  • 発表の10分前までに、次演者席(各会場内左側前方)にお越しください。

2)発表形式について

  • 口演発表はすべてPCのみで、一面映写です。
  • USBメモリ、PC本体による発表が可能です。CD-R等は受け付けできませんのでご注意ください。
  • Mac Keynoteでのデータ受けはできません。ご使用の場合は、ご自身のPCをお持ち込みください。

3)発表データ受付

  • 発表データに動画を含む方は発表1時間前までに、その他の方は発表30分前までに、4F 花ホワイエのPC受付までお持ちください。
    受付時間:11月18日(土)8:00〜17:40/11月19日(日)7:30〜14:20
  • 2日目の午前中の発表者は、できるだけ前日にデータ受付をお済ませください。

4)発表データの運搬

  • USBメモリ:
    受付されたデータはサーバーへ登録させていただき、USBはその場で返却します。PC内にコピーした発表データは、発表終了後学会事務局で責任をもって削除します。
  • PC本体:
    PC受付で試写の後、ご自身で講演会場内のPCオペレーター席(演台横)に運搬をお願いします。また発表後もPCオペレーター席で返却しますので、お引き取り忘れのないようご注意ください。

5)発表データ作成方法

【PC本体持ち込みの場合】
  • お持ち込みいただくPCの機種、OS及びアプリケーションソフトの種類は問いません。動画、音声も使用できます。
  • コネクタ形状
    会場のプロジェクターへは一般的な外部出力端子(D-Sub 15pin)での接続となります(右図参照)。Macintoshや一部のWindowsマシンでは変換コネクターが必要となりますので、必ずご持参ください。
  • ACアダプターを必ずご持参ください。
  • スリープ機能やスクリーンセイバーの設定は、事前に解除してください。
  • 安全のため、USBメモリでバックアップデータをご持参ください。
【USBメモリ持ち込みの場合】
  • 会場にご用意するPCはWindows です。MacintoshはPC本体持込のみで対応いたします。
  • 対応するアプリケーションソフトは、Windows版Power Point 2010/2013です。
    他のVersionのPower Point で作成された方は予めPower Point 2010 / 2013での動作状況をご確認ください。
  • 発表用のファイル名は「演題番号+氏名」としてください。(例:1新宿太郎.ppt、LS2 新宿花子.ppt)
  • 文字フォントはOSに設定されている標準的なフォントをご使用ください。
    特殊なフォントの場合、表示のずれ、文字化けが生じることがありますのでご注意ください。
  • 動画を使用される場合には、ご自身のPCをご持参ください。
  • 音声の使用も可能です。使用する場合は、データ受付の際にオペレーターにお申し出ください。

6)発表時のPC操作について

演台上に液晶モニター、キーパッド、マウスがセットしてありますので、ページ送りは発表者ご自身でおこなってください(PC本体持ち込みの場合も同様です)。

7)発表データの消去について

PC受付で登録いただいたデータは、学術大会終了後に学術大会運営事務局が責任を持って完全消去いたします。

3. 学術集会での発表における利益相反(COI)開示について

◆利益相反(COI)ガイドラインについて

社団法人日本皮膚科学会は、本学会会員などの利益相反(Conflict of Interest、COIと略す)状態を公正にマネージメントするために、「医学研究の利益相反に関する指針の細則」を次のとおり定めます。

詳細は、下記のボタンをクリックいただき、公益社団法人日本皮膚科学会ホームページ上に掲載の「日本皮膚科学会COIガイドラインについて」をご確認ください。

◆発表時における利益相反の開示

会員、非会員の別を問わず、筆頭発表者は該当するCOI状態について、発表スライドの最初(または演題・発表者などを紹介するスライドの次)に様式1-A、1-Bにより、ポスター発表の場合は最後の1行に開示していただきますようお願いいたします。なお、ポスター発表でCOI状態がある場合には、所定の様式1-Cにより開示していただきますようお願いいたします。

症例報告も含めすべての発表が自己申告の対象となります。ただし対象となるのは「発表内容に関連のある企業や団体」との関係のみです。関連があるかないかは発表者の判断にゆだねますが、ぜひ積極的な開示をお願いいたします。申告すべきCOIがない場合は「なし」と申告してください。

皆様のご理解とご協力をなにとぞよろしくお願い申し上げます。